寒暖差アレルギー

span style=color:#000;background:#cfc> 遠隔レイキのアチュンメント  ←遠隔レイキのアチュンメントの応募はこちらです。
 無料遠隔レイキヒーリング  ←無料遠隔レイキヒーリングの応募はこちらです。

 寒暖差アレルギー


先週の日曜日は初夏のようでしたが、一転して寒さがぶり返して朝晩の寒さが身にしみてきます。

寒暖差が大きいと体調不良になる方が急増するようで、これを寒暖差アレルギーと言われているそうです。

寒暖差アレルギーの特徴としては、風邪の症状に似て、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、食欲不振、不眠、イライラする、疲れやすい、といった症状がでるようです。

原因としては、寒暖差が7℃を超えると自律神経のバランスが崩れ体温の調整がうまくできなくなるからのようです。

医学的には血管運動性鼻炎と呼ばれ、気温差による刺激が、鼻の粘膜の血管を広げ、むくむことにより、アレルギー症状を引き起こすとのことです。

そのた体の冷えも自律神経のバランスが崩れると起きます。

この季節は体調が崩れますとインフルエンザや風邪にかかりやすくなり、また花粉アレルギーの症状が強くなりますので予防が大切です。


自律神経は、生活に沿って自然と切り替えられるものです。

活動すれば交感神経が優位になり、休めば副交感神経が優位になります。

なのでうまく切替ができていないと感じるならば、あえて運動したり、体を休めて深呼吸を繰り返すことでスイッチの切替を促すことができます。

注意点としては、個々の体力に応じて適度な運動を行なったら、適度な休息をとることです。


同様に気によっても行なうことができます。

レイキの場合は気を注入することで活力が高まり交感神経へと切り替わります、また癒しの波動により副交感神経へと切り替わります。

イメージとしてはレイキを体一杯に充填することと、レイキのプールの中に漂うイメージを持つことです。


気はイメージでもコントロールができます。

例えば体の中から全身外に向けて気を放つイメージを持つことで気が高まり交感神経へと切り替わります。

スポーツなどで試合に臨む前に気合を入れますが、理に叶っており交感神経優位にして、活動能力を高める効果があるようです。

また、外へ発散する気を呼吸に合わせて丹田へと中へ吸い込み圧縮しすることを繰り返すことで副交感神経へと切り替わります。

これを行なうことで気が練られ体調が整えられることと瞑想の状態へ促され心が穏やかになります。


健康を維持するには日頃のケアが大事です、ご参考になれば幸いです。






レイキは、その宇宙の根源エネルギーとなる高次の波動により
心を安定化させ、全体合一の心を養成し、壁を作ることの不必要さを感得し、一段と心の開放を促します
また、高次の波動を、常時纏い受け入れることで、波動感覚が養成され、わかるという感覚、既に知っているという領域に導かれます
宇宙に点在する、普遍の高次波動レイキ、誰もがアチュンメントをすることで、その恩恵を享受することができるものです
少しでも、多くの方にレイキの良さを広めようと活動しております、ご興味のある方はお問い合わせください

当ブログでは、レイキ体験のための無料ヒーリングを承っております、ご興味のある方は、ご応募ください、他のスクールでアチュンメントをお受けになった方でも、次のレベルからで承れます、またスクール等で聞けなかった初歩的なレイキに対するご質問もご回答できますので、お気軽にお問合せください、レイキヒーラーになって心の安定化を図りたい、生活改善しより良くしたい、でも遠隔アチュンメントや自己学習は億劫で心配と躊躇し、真剣に悩まれている方は、ご相談に乗りますので、是非お問合せください


 見に来て頂いてありがとうございます。
 このブログを見た方が今日1日幸せでありますように!

 精神世界 ランキングへ  ← ブログのご評価の参考となります。押して頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック